冨士のふもとの神奈川にお墓を移しました

神奈川で生まれ育った私ですが、結婚してからの生活も縁があり県内です。私の実家の父は静岡県生まれなのですが、年々と親戚が神奈川に移りすうようになりました。一人残り、昔からの土地やお墓を守ってきた祖母ですが、数年前に脳梗塞に倒れ、介護が必要となり、静岡の土地を引き払うことになりました。数年間は、お墓参りや土地の様子を見るために私の両親も静岡へ通っていましたが、何年か後に、全てを神奈川に移すことを決意しました。新しいお墓も神奈川に移しました。魂抜きや、魂いれなど、普段の生活では聞きなれない言葉が飛び交いました。全て無事に行われました。今では、富士山が見える空気のきれいな場所で、親戚も近く何度も足を運べる場所にご先祖様が眠っています。体が弱くなった祖母も、病院や介護施設などの充実した場所に移りよかったようです。

神奈川の核家族化のお墓事情

今の時代は、家族が核家族化してしまい、お墓事情もそれぞれあるようです。各家族でも、そのお墓事情は深刻で、子供がいても遠くに嫁に出してしまえば、管理もできない、また子供のいない夫婦というのも増えています。神奈川県でも、核家族化による墓地問題もあるようです。ゆえに、今注目されているのが、樹木葬や納骨堂に合祀といった埋葬方法です。墓地を新たに購入となれば、かなりの金額になります。100万円ぐらいで済むのであれば安い方です。また、年金の問題などもあり、買いたくても購入できないという事情もあります。ゆえに、今はお墓よりも安価にすむ樹木葬や納骨堂に合祀といったものが注目されているのです。この世を去ったら、供養をしてくれる人がいない、ならば寺や霊園が定期的にしてくれる合祀などにも人気が出ています。今の核家族化の事情というのを考慮して、埋葬方法も様々になりました。

首都圏から近くいろいろ選べる神奈川のお墓

最近になって埋葬の形も変わってきて、樹木葬や海洋層など舞いその仕方も変わってきました。これは基本的にお墓不足からきている要素もかなりあるのではないでしょうか。永大使用料が100万円以上するといったことも珍しくは無く、その点で公営の墓地を狙っているがなかなかそこには入れないといったことで、預骨といった形で順番を待ったりしています。そんな中神奈川の墓地は、首都圏から近くて尚且つ霊園や寺院墓地などが多くあって好きな墓地を選ぶことができるのです。神奈川と東京はほとんど一体化しているような関係ですから、お参りに不便と言う事はありません。また霊園墓地が好きならば霊園を、寺院墓地が好きならば寺院墓地と、選ぶことができるのがうれしいですね。寺院墓地の場合はその寺院の宗派にならなければならないといったことがありますが、宗派を気にしなければ問題はありません。

霊園現地見学にてスペシャリストの案内も可能!無料送迎車は週末もOK!神奈川県全域にてご希望に合った場所や価格での霊園、墓地をお探しで、建墓されようとお考えの方に便利な墓地探しです。お墓の知識や詳しい情報は無料資料請求にて受付。お問い合わせフォーム、またはお電話(フリーダイヤル)にて24時間受け付け可能です。無料資料のご請求はホームページより24時間受け付けております。是非ご利用ください。神奈川のお墓|美郷石材